沿革

昭和30年 4月 現工場に於いて、ロクロにて各種金属部品加工を開始
昭和45年12月 山本精工株式会社設立
昭和50年11月 NC旋盤導入
平成 5年 8月 資本金1,000万円に増資
平成 7年 7月 代表取締役社長に山本正夫が就任
平成 9年 8月 コンピュータシステム(自社独自の販売在庫管理システム)導入による生産管理の強化及び社内LANによるイントラネット構築
平成16年 1月 高い信頼性と品質管理の強化の為、三次元測定機(ミツトヨ)の導入
平成16年 7月 資本金1,500万に増資
平成17年 1月 高精度な洗浄をする為、超音波洗浄装置の導入
平成18年 7月 資本金2,000万に増資
平成19年 2月 主軸台移動型CNC旋盤2台導入、ロックウェル硬度計の導入
平成21年 4月 環境マネジメントシステム国際規格ISO14001認証取得
平成21年 9月 銀行保証付き私募債の発行(三菱東京UFJ銀行)
平成25年 4月 検査業務効率化の為に、画像寸法測定器(キーエンス)の導入
平成25年 4月 業務管理強化の為に、新基幹システムへ移行
平成26年7月 面粗度品質維持の為、上位機種のサーフテスト(表面粗さ測定機)(ミツトヨ)導入
平成28年4月 より高い測定精度を得る為に三次元測定機(ミツトヨ)を手動からCNCへグレードアップ
平成29年1月 業務拡張の為、新社屋の増設
平成29年6月 資本金5,000万に増資
平成29年10月 生産性向上の為にNC旋盤(オークマ)を1台増設